水晶玉

姓名判断について

ホロスコープ

こちらの姓名判断で氏名からその人の全てを占ってみましょう。運勢と性格がすぐに浮かび上がってきますよ。

姓名判断とは、人の名前を用いて、その人の性格や運勢などを診断していく、数ある占いの1つです。 姓名判断の方法は、流派によって多少異なりますが、基本的には、天格、人格、地格、外格、総格からなる五格を計算して診断していきます。 天格とは、姓の画数の合計のことで、その家に課せられた運命が表れると言われています。 人格とは、姓の最後の1文字と名の最初の1文字の画数を足したもののことで、人生の中年期の運勢に影響していると言われています。 地格とは、名前の画数の合計のことで、0歳から35歳頃までの運勢に影響していると言われています。 総格とは、天格と地格を足したもので、その人の生涯を表します。 外格とは、総画から人格を引いたもので、その人の外観や行動力などが表れます。

ただし、この五格を調べるにあたり、姓、名どちらかが1文字の場合は、架空の文字である「仮字」を使うことになっています。 仮字は、姓が1文字の場合は姓の上に、名前が1文字の場合は名前の下につけることになっています。 そして、仮字は画数1で計算されます。 また、姓名判断では、画数を計算する場合、旧字体がある場合は旧字体で計算するのが一般的です。ですから、調べたい姓名に旧字体があるかどうかもあらかじめチェックしておかなければなりません。 また、一部の部首は、起源となる漢字の画数で計算することになっています。例えば、けものへんの場合、その起源となった「犬」という字で計算するため、3画ではなく4画となります。 姓名判断をする場合、このような点に注意しましょう。

サイコロ

子供の名前の時代変遷と効果

子供の名前は今も昔も千差万別であり、キラキラネームと言われる名前や歴史上の人物から名付けられたもの、それぞれの人に1つ与えられるものですが、その変遷を見ていくと非常に興味深いものがあります。

おみくじ

対面占いのメリットと注意点

電話をはじめ星座やタロットカードなど現在ではいろいろな種類の占いがありますが、今回は相手と直接顔を負わせて行う対面占いのメリットと注意すべき点ついて紹介をします。

手のひらのアクセサリー

Popular article

「実はすごく奥が深い占いだった!姓名判断を解説!」の記事一覧です。